専門機器の導入によりさらに密接なヘルスケアを実現しました。定期的な検診で健康な毎日を過ごしましょう。
ホーム設備紹介 > CTスキャン

CTスキャン

CTとはコンピュータ断層撮影法(Computed Tomography)の略です。
どういう仕組みなの?
 「物体の内部構造は、その物体を複数の方向から投射して得られた情 報により再構成することができる。」という基本原理に基づいています。
つまり、CTはX線を使う訳ですが、普通のX線(レントゲン)写真が、横断面のみの 画像に対して、CTでは画像を再構成することにより、多断面(輪切り)に画像を作り出すことができるのです。
また、体内の骨・臓器・空気などの微妙なX線 透過の差を細かく濃淡として表わすことができるので、全身どの部位でも精密な断層面をとることができます。
ただし、骨も一緒に写ってしまうのが欠点で、頭 蓋骨が複雑に入り組んでいる脳の底の部分などの撮影はあまり適しません。
検査時間が短縮されています
 最近では、X線の検出器を複数にすることで複数の画像が撮影できるマルチスライスCTの活躍に目覚しいものがあります。
これにより検査時間が大幅に短縮され、呼吸 を止めることができない乳幼児や、高齢者、重篤な患者さんの場合でもきれいな画像が得られるようになりました。
CTの技術は発達し続けます
 同じ検査時間でより詳しく検査するこ とが出来るので、薄いスライスを撮影することによって今まで見えなかった病変が見えるようになりました。
さらに、画像を組み合わすことによって、人体の3 次元画像(3D画像)を忠実に再現することやいろいろな角度から見た断面も得ることができるようになりました。
設備紹介のページへ戻る
健康に関するお問合せ・ご相談は(011)896-7577まで

マップをクリックすると近隣詳細図をご覧いただけます
マップをクリックすると
アクセス詳細ページへ移動します
内科・循環器科・呼吸器科・消化器科/上野幌内科クリニック/札幌市厚別区上野幌1条3丁目1-7

ページ上部へ