専門機器の導入によりさらに密接なヘルスケアを実現しました。定期的な検診で健康な毎日を過ごしましょう。
ホーム設備紹介 > 24時間心電図

24時間心電図

日常生活(約24時間)の心電図を専用レコーダーを用いて記録します。
動悸、失神、めまい、息切れ、胸痛等の原因検索や不整脈の治療効果の判定のために行われる検査です。
この検査で調べること
 不整脈や狭心症は、運動時や、働いているときにだけ起こるとは限りません。
また、通常の心電図検査のように短時間の検査では、発見できないこともしばしばあります。
特に、安静時狭心症は負荷心電図でも現れないことが多いので、その現象を捉えるために、継続して心電図を記録する必要があります。
24時間継続して心電図を記録する検査がホルター心電図検査です。
文庫本程度の大きさの小型心電図記録器(ホルター心電計端末機)を24時間携帯して、連続的に心電図を磁気テープ、メモリーカードなどに記録します。
翌日再び受診していただき装置を取り外し、これをコンピューターで解析して診断します。
検査の方法
 胸部5カ所に電極を貼り、ホルター心電計端末機に接続します。
24時間の記録中電極を密着させ、よりよい記録を得るために、電極とコードをテープでしっかり固定します。
ホルター心電図装着図  開始から24時間後に取り外します。
記録中は行動を日誌に記載します。
基本的な生活行為(食事、トイレ、就寝、起床)をはじめ胸痛など症状が起こった場合を記録し、心電図の解析と照合して、どんな時に変化が見られるかなどを分析して診断に役立てます。
ホルター心電図装着中は風呂、シャワーは禁止されますがそれ以外は一般に仕事も運動も可能です。
電気毛布なども記録障害を起こす可能性があるため控えます。
詳しくは医師又は担当看護師にお尋ねください。
検査の注意点
 ホルター心電図検査で一番トラブルが多いのは電極やテープによる皮膚のかぶれや炎症です。
当院ではできるだけ刺激の少ない電極やテープを使用していますが、皮膚がかぶれやすい方は事前にお申し出ください。
また、かゆくてもかきこわさないようにお願いします。
健康に関するお問合せ・ご相談は(011)896-7577まで

マップをクリックすると近隣詳細図をご覧いただけます
マップをクリックすると
アクセス詳細ページへ移動します
内科・循環器科・呼吸器科・消化器科/上野幌内科クリニック/札幌市厚別区上野幌1条3丁目1-7

ページ上部へ