専門機器の導入によりさらに密接なヘルスケアを実現しました。定期的な検診で健康な毎日を過ごしましょう。
ホーム設備紹介 > 経鼻内視鏡

鼻から入れる胃カメラです

最初は「えっ?」と思われるかもしれませんが、
終わった後には皆さん
「口からよりもずっと楽!もう口からのむのはしんどい!」
と言われます。
実際、多くの方が経鼻内視鏡による検査を希望されます。
なぜ楽なの?
胃カメラが、鼻孔から鼻道を通って咽頭を下り食道へ入っていきます。
この時に「」ため、「オエッ」となることが、ほとんどありません。
挿入時、鼻の穴からゼリー状の局麻剤を注入したうえで、従来のものより格段に細い「直径5.9㎜の極細の胃カメラ」を 使いますので、挿入時の痛みはありません。
胃カメラが直接舌の付け根に触れない
安心して検査を受けていただくために
全身麻酔をおこなうということは意識レベルを下げて苦痛を感じにくくすることです。
意識が低下するとこんなデメリットが生まれます。
  • 胃カメラのときに自分の胃の中がみれない
  • 医師の説明がきけない
  • 医師とのコミュニケーションがとれない

せっかく検査の機械をもつのですから、症状について医師と詳しい話をしながら行えるというすばらしいメリットを生かさない手はありません。

リスク軽減のために
胃カメラの場合、意識レベルが低下すると内容物を嘔吐することがありますが、これは問題です。
ノドのところでの反射が鈍くなるため、胃の内容物(胃 液など)をまちがって気管に吸い込む危険性が出てくるからです。
もし気管の中に胃の内容物が入り込むと、誤嚥性肺炎という重篤な肺炎をおこす可能性もあり ますが、鼻から入れる胃カメラであればその問題はありません。
転落事故防止効果も
もうひとつ怖いのは意識がもうろうとしていて、今の自分(患者さん)の状態が把握できず、訳がわからなくなって胃カメラの検査中に動いて検査のベッドから落ちてしまう危険性があります。
お年寄りでは骨折をすることも考えられます。
こういった2次事故を防ぐためにも経鼻内視鏡はとても有効です。
設備紹介のページへ戻る
健康に関するお問合せ・ご相談は(011)896-7577まで

マップをクリックすると近隣詳細図をご覧いただけます
マップをクリックすると
アクセス詳細ページへ移動します
内科・循環器科・呼吸器科・消化器科/上野幌内科クリニック/札幌市厚別区上野幌1条3丁目1-7

ページ上部へ